2015年07月20日

♪講座

神戸までリトミックの講座に行ってきました[E:upwardright]
発表会の直後、その後まだ大事な本番があるのでちょっと迷ったけど、大好きな
友人先生がご一緒してくださるのと、ずっとずっとご指導受けたかった辻先生、
加えて、岩崎会長の講義、これはしんどい体に鞭打っても行かなきゃあ。
さらに私の背中を押したものは、保護者さんからのコメント。
リトミックノートに「保育園に行っている娘は疲れてくる金曜日は『明日リトミックの先生に
会えるから、頑張って保育園行く』と言って出かけます。」
なんてありがたい。そういった言葉をいただけるから頑張れる。
指導者と生徒、どちらかだけ向上するのはあり得ないとつくづく思う。
生徒さんの頑張りが、さらに指導者を頑張らせ、指導者の頑張りがさらに生徒さんを
伸ばす。自分が頑張らずに生徒さんの成長はあり得ないし、また、生徒さんが練習してくれないと
こちらも頑張る張り合いがないし・・・。
何とかうまく回していかなければ。

で、一日講習。
いやあ、遠方出かけた甲斐があった。実際の二歳クラスのレッスンを拝見出来たり、
カスタネットを使ったリズム遊び、岩崎会長のお話など一日みっちり盛りだくさん。
ネタをたくさん仕入れた[E:heart02]早速レッスンで使おう。

行ってみて。身体を動かすためには音楽が大切だと改めて感じた。
そして、クラシック以外では何もアコースティックピアノにこだわる必要は
無いと痛感した。
ピアノの先生が(私も含めて)よく言う、生ピアノじゃないとよろしくないとの言葉。
いやいや、弾きたい曲がクラシック以外なら電子ピアノの方が断然楽しめる。
色々な音が出るし、楽しいじゃん。
タッチや、音色が変わらないなどの問題も色々あるが、クラシックじゃないの、
私はポップスが弾きたいの、と言う生徒さんには電子の方が良いと思う。
辻先生の電子ピアノの音楽は、楽しくてみんなのりのり。
こんな音楽もありだ。クラシックだけが高尚な音楽でもないし、ポップスや
その他のジャンルの音楽がクラシックに劣る事も絶対ないし。
勿論、ばりばりクラシックをやりたい、コンクールや音大を目指す、というなら
絶対生ピアノは必須。だけど趣味なら電子もありだ。

辻先生の音楽があんまり楽しくて、思わずそんな事を考えてしまった。
これに関してはそれぞれの先生のお考えだが、わたしは柔軟に対応していこう、
それぞれの生徒さんに合わせて考えていきたいなと思う。

それにしても、自分の音楽の幅が狭いことを痛感[E:coldsweats02]
クラシックをきちんと勉強し続けるのは勿論絶対だけど
どんな生徒さんにも満足してもらえるレッスンができるように、
音楽のジャンルの幅を広げたい。

来年のポップス発表会に向けて頑張る!!

リトミックのレッスンにも、講座の内容は反映していきたい。
リトミックも毎年続けてくれる人や、ご兄弟で続けてくれる方も多いので、
お母様方に、先生のレッスン毎年おんなじじゃんとがっかりされないように
改良せねば!
posted by てぃらみす at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

♫終了

発表会、終わりました。
やれやれえ~[E:coldsweats01]

まあ、なかなか満足いく結果は残せなかったけど、頑張った。
いきなり弾く曲がなくなりちょっととまどってる自分がなんだか
おかしいような、そこまで弾く事に追われてたんだと思うとかわいそうなような
色々な気持ちが混じって複雑だけど、とにかく終わった。

発表会は、生徒ちゃんは悲喜こもごもだけど、みんな頑張った。
特に中学生以上の演奏は、みんな大変な中努力したのを見てきているから
舞台裾で涙が出た。

何だかわからないけど、発表会後親御さんからのメールはみんな判で押したように
「感動しました」「涙がでました」だった。
何でかなあ・・・嬉しいけど。

自分の演奏は、まあ60点。
最後、弦の先生から「あまり急がずに行こうね。」と言われていたにもかかわらず
何となく行っちゃえって気持ちになり、結構な加速。
さすがにお上手な先生方、よっしゃって感じで合わせてくださり・・・。

記念品のオリジナルビールやピアノのお饅頭まで、自分なりにできるところまで
こだわった発表会、まあ無事終わった。
また次につなげよう。

頑張った生徒さん達、ご協力いただいた保護者の皆様始めスタッフの先生方、
子どもたちにいつも温かく寄り添って下さる管弦の先生方、
ありがとうございました[E:confident]

来年また7月に希望者のみのミニミニ発表会行います。
来年の発表会は、ガラッと変えて、思いっきりカジュアルに、思いっきり楽しく
はじけたいなあ・・・。
参加希望される生徒さんは、曲を考えておいてくださいね。
クラシック禁止、ジャズとポップスだけ、ドラムとベース、キーボードとの
発表会、頑張って企画します[E:sign03]
posted by てぃらみす at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

♪誕生日(#^.^#)

今更嬉しくもないけど、誕生日でした[E:diamond]
たまたま日曜日でグループレッスンがあったが、どこで知ったか
生徒さんから「先生これ~っ」と、お手紙のプレゼントをもらって嬉しかった[E:heart]
ありがとね[E:heart04]
自分へのプレゼント[E:present]午後から芸文でのピアノトリオのコンサートに行ってきた。
チャイコフスキー「偉大な芸術家の思い出」。この曲は合わせ物で一番好きな曲[E:heart04]
何百回、いや、何千回聴いただろう、どれだけ泣かされただろう・・・。
出だしを聴くだけで号泣したこともあったっけ。
楽譜を買って弾いてみるも、難しすぎて、断念[E:weep]
死ぬまでに、だれかと合わせてもらえるかなあ・・・。
この曲が演奏される演奏会は大概出かけていて、3月にも聴いたばかりだが、
何度でも聴きたいからいそいそと出かけた。
いやあ~やっぱりいいわあ~[E:note]
このむせび泣きの感じ、大好き・・・。
しかも、アンコールは今ハマってるブラームス[E:upwardright]
聴いた瞬間、ブラームスのトリオやん[E:lovely]っと
思わず心の中で叫びマシタ[E:sun]
チャイコとブラームス、ベートーベンのゴーストまで聴けて最高の誕生日プレゼントを
いただいた気分[E:up]来て良かったです[E:tulip]

それにしても、初めて聴いたピア二スト(勉強不足、恥ずかしい[E:sweat02])、
キムソヌク氏、すばらしい!!
色々な面で絶妙[E:good]
この演奏好きだなあ~[E:heart04]
もう一回聴きたいなあと思いながら
芸文から送られてきたコンサートのチラシをぱらぱらめくっていると、
おおっ!あるやん。なぜかフェニックスホールで。
年末の忙しい時期だけど、チケットゲット。楽しみだ[E:smile]

生でトリオを聴き、今発表会の為に自分が練習しているブラームスのカルテットの質を
もっと上げたいとつくづく思う。おこがましいけど、少しでもあの演奏に近づけたらなあ・・・。
先日レッスンにブラームスのカルテットを持って行ったとき、先生に言われたことも思いだした。
「ヤン・パネンカとチェロのKが共演したとき、Kにパネンカの感想を聞いたら、
自分のメロディーの時はビックリするくらい出て、伴奏になったらどこ行った?
っていうくらい消える。その落差がすごかったそうだ。
自分も演奏するとき、それ、いただきと思った。」
それを聞いて、自分もそんな演奏がしたいと思って練習していたけど、まさにそんな感じだった。
出るとこはすごい、でも伴奏系になったら静かで軽やか・・・。
すごいなあ、まさに、ボン、キュッ、ボンだ(ちょっと違うか」)。

そうこうしているうちに、教室の発表会は迫る。
今年は弦とのピアノクインテット。
いつも一人でメロディーと伴奏の二役をやっているピアノ。
発表会では、他楽器と合わせる事で、色々な事を生徒さんた達には感じて欲しいな。
既に弾けている生徒さん達とは、色々と曲の中で作戦を練っている。
そうやって弾いたら、何も言わなくても弦の先生方は感じて反応してくれるよ、
言葉で説明しなくても、分かって音楽で返してくれる。
音楽で会話をする、それが合わせ物の醍醐味なんだなあ。

誕生日に良いコンサートを聴けて、家族と美味しいものを食べて、百貨店で
服を買い込んで(これは余計)、エネルギー十分。
まずは発表会に向けて、レッスンガンバル[E:rock]
posted by てぃらみす at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする