2015年08月13日

♪見えない部分、聴こえない部分

いつもの三木の講座で岡原先生がCDとレコードの違いをお話しされていた。
私の理解なので確実ではないかもしれないけど、CDは聞えない周波数は上下カットして
クリアーな音にしている、対してレコードはCDがカットしている部分も入っているとの事。
しかし、この聴こえないであろう部分が実は人間の精神に少なくない影響を与えているらしい。

以前も聴いたことがある話を付け加えると、自然の中にも、聴こえない部分の音が
たくさんあって、それによって人間はほっとしたり、落ち着いたりするそうな。
海や山の自然の中にいると何となく癒されるのはそういった理由かな。

去年、ライや―や障害児音楽を勉強したとき、聴こえない子にも楽器や
音楽は有効、耳でなく、肌で感じる、という話に驚いたのも思い出した。

先日の発表会でも、涙が出ました、癒されました等のありがたい感想を
たくさんいただいたのも、ピアノや弦の生音が作用したのもあるのかな。

話しを広げると、星の王子様にも、「心で見なくてはよく見えない。
 いちばんたいせつなことは、目に見えない」というのもあったっけ。

中学校だったか、高校だったか忘れたけど、先生のこんな言葉も思い出した。
「勉強以外の事も色々経験しなさい。それが君たちののりしろになる。
のりしろが多いほど強いよ。」

見えない、聴こえないけど、大切な事。
大切なことほど表には出ないのかもしれないね。

そう思うと、レッスンで生徒さんの前で出す音、懸ける言葉も大切だと
つくづく思う。
注意するときにも、「絶対できるよ。しっかりね。」と温かい気持ちで
話せるように、一音出すときにも、この音が良い影響を与えてくれるように
と思って弾けるように・・・。


色々な電気機器があふれている現在、レッスンの後、一歳さんが
スマホで楽しそうに遊んでいるのを見てびっくりすることもあるほど。
そんな中で、音楽をする、楽器を演奏するという事には
色々な意味があるのかなと思う。
posted by てぃらみす at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月31日

♪二台ピアノ

発表会の後の大仕事、二台ピアノのコンペが終わった。
私の力不足で突破できず[E:bearing]
不思議と後悔は無く、通過された演奏への尊敬と、自分自身の
考え方の甘さを再認識。

何で、絶対突破する!!!と思って練習しなかったんだろう。
「発表会もあるし、挑戦するだけでも偉いよね」みたいな
甘い甘いノリで出たことが恥ずかしい。

賞取りの為に音楽するのは本意ではないけれど、そういうならそもそも
コンペなんか出なければいいのだし、出る限りは絶対通過すると思って
練習するべきだった。

この歳になってもまだまだ分かってないことが多いなあと
愕然とする。
でもめげずに弾き続けます[E:wink]。
教室に通ってくれる子がいる間は弾き続けたいし、舞台にも乗り続けたい。

ご一緒いただいたN先生には感謝でいっぱい[E:heart]
ほんとにありがとうです。

(ブログにうちの発表会の事も載せてくれてありがとう[E:note]
http://ameblo.jp/nishikawa-piano/entry-12052016956.html?frm_src=thumb_module
ここでみられるのかな?)

今後はソロの曲に加えて弦の先生にも合わせのピアノを教えていただく予定。
ジャズは少しずつアドリブをこなせるようになりたいし、お休みしていた作曲のレッスンも
再開しよう。
振り返ってる暇は無いです[E:upwardright]続きを読む
posted by てぃらみす at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

♪講座

神戸までリトミックの講座に行ってきました[E:upwardright]
発表会の直後、その後まだ大事な本番があるのでちょっと迷ったけど、大好きな
友人先生がご一緒してくださるのと、ずっとずっとご指導受けたかった辻先生、
加えて、岩崎会長の講義、これはしんどい体に鞭打っても行かなきゃあ。
さらに私の背中を押したものは、保護者さんからのコメント。
リトミックノートに「保育園に行っている娘は疲れてくる金曜日は『明日リトミックの先生に
会えるから、頑張って保育園行く』と言って出かけます。」
なんてありがたい。そういった言葉をいただけるから頑張れる。
指導者と生徒、どちらかだけ向上するのはあり得ないとつくづく思う。
生徒さんの頑張りが、さらに指導者を頑張らせ、指導者の頑張りがさらに生徒さんを
伸ばす。自分が頑張らずに生徒さんの成長はあり得ないし、また、生徒さんが練習してくれないと
こちらも頑張る張り合いがないし・・・。
何とかうまく回していかなければ。

で、一日講習。
いやあ、遠方出かけた甲斐があった。実際の二歳クラスのレッスンを拝見出来たり、
カスタネットを使ったリズム遊び、岩崎会長のお話など一日みっちり盛りだくさん。
ネタをたくさん仕入れた[E:heart02]早速レッスンで使おう。

行ってみて。身体を動かすためには音楽が大切だと改めて感じた。
そして、クラシック以外では何もアコースティックピアノにこだわる必要は
無いと痛感した。
ピアノの先生が(私も含めて)よく言う、生ピアノじゃないとよろしくないとの言葉。
いやいや、弾きたい曲がクラシック以外なら電子ピアノの方が断然楽しめる。
色々な音が出るし、楽しいじゃん。
タッチや、音色が変わらないなどの問題も色々あるが、クラシックじゃないの、
私はポップスが弾きたいの、と言う生徒さんには電子の方が良いと思う。
辻先生の電子ピアノの音楽は、楽しくてみんなのりのり。
こんな音楽もありだ。クラシックだけが高尚な音楽でもないし、ポップスや
その他のジャンルの音楽がクラシックに劣る事も絶対ないし。
勿論、ばりばりクラシックをやりたい、コンクールや音大を目指す、というなら
絶対生ピアノは必須。だけど趣味なら電子もありだ。

辻先生の音楽があんまり楽しくて、思わずそんな事を考えてしまった。
これに関してはそれぞれの先生のお考えだが、わたしは柔軟に対応していこう、
それぞれの生徒さんに合わせて考えていきたいなと思う。

それにしても、自分の音楽の幅が狭いことを痛感[E:coldsweats02]
クラシックをきちんと勉強し続けるのは勿論絶対だけど
どんな生徒さんにも満足してもらえるレッスンができるように、
音楽のジャンルの幅を広げたい。

来年のポップス発表会に向けて頑張る!!

リトミックのレッスンにも、講座の内容は反映していきたい。
リトミックも毎年続けてくれる人や、ご兄弟で続けてくれる方も多いので、
お母様方に、先生のレッスン毎年おんなじじゃんとがっかりされないように
改良せねば!
posted by てぃらみす at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする