2014年06月15日

発表会♪

朝、音楽療法の講座、午後からお友達先生の発表会を聴きに、
ルミエールまで行った。

やっぱり、発表会は感動するなあ~[E:upwardright]
小っちゃい子はただただ可愛く、大きい子になるにつれ、「忙しいだろうに
頑張ったねえ」とおばちゃんのように思われて・・・。

何より感動したのは、先生が最後の最後に講師演奏を頑張られたこと。
もうね、これ、大変ですわ。
生徒の事で気を使い、最後の最後に自分の演奏、これ、拷問です。
当日までの用意、生徒の仕上がり具合の確認、それだけで十分大変なのに
自分の演奏。ありえん。
涙がでました。

去年の自分はもう、自分の演奏の恐怖から途中から楽屋に
こもっちゃって、これじゃ何のための講師演奏かと猛反省したので
どれだけ大変か手に取るようにわかる。

生徒の発表会で弾く是非は色々考え方はあるだろうし、私も
生徒と同じように舞台へ上がらなきゃと思うけど、
生徒の事がお留守になるようでは本末転倒なわけで・・・悩む。

でも、来月も弾くし、来年の大きな発表会でも無謀な選曲は
辞めるとして、やっぱり舞台には立とうと思う。
先生もやっぱり弾いて、弾けてなんぼやと思うから。
生徒以上に努力して、「やっぱり先生の音は違うなあ」と思ってもらいたい。

口ばっかじゃなく、先生も頑張ってんだよ、練習してんだよってところを
出せたらいいのだけど。
でも、あくまで主役は生徒なので、それはさりげなくだけど。

そういった意味で、N先生は素晴らしかったと思う。

観せていただいて、つくづく舞台はいいと思った。
ピアノを習ってる生徒さん、レッスン受けるだけじゃ片手落ちです、
人前で弾いてなんぼ。きっと指導者も。

エネルギーをいただきました、N先生ありがと。
また講座で一緒に精進しましょうね。よろしくです。
posted by てぃらみす at 18:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わ〜、先生、ありがとうT_T そんな風に聞いて下さって、本当に嬉しいです。
私は、先生に出会って、またちゃんとピアノ頑張ろうって思えるようになりました。
演奏者としても指導者としても、全然だけど、頑張る気持ちは持ち続けたいと思っています。
これからもよろしくお願いします。
Posted by tomokon at 2014年06月26日 23:09
N先生、コメントに気付かず、今頃の返信申し訳ないです[E:sweat01]
ほんとに素敵な発表会でした[E:tulip]
また来年楽しみに伺います。
例の二台Pの件、良かったらよろしくです[E:rock]
Posted by はまぐち at 2014年07月10日 07:27
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック