2012年02月15日

桜咲く

嬉しいことに、高3の生徒から吉報が届く[E:note]

ピアノも絡んでいるから、こちらも責任があり、緊張していたけど
無事に合格してくれてほっとした。
勉強も大変な大学で、ピアノと部活、勉強で本当に大変だったと思うけど
努力が実って良かった。

色々大変なこと、つらいこと乗り越えながら、ピアノを頑張ってきたのを
ずっと見てきたので、本当にそのご褒美の合格だと思う。

まだ第一志望の国立が残っているけど、こちらは音楽実技
と楽典なので、なんとか突破してほしい。
実技や楽典はかなり良い仕上がりだし。

ほっとしていると、小さな生徒たちからバレンタインデーのチョコを
もらってさらに嬉しさ倍増[E:heart02]

「がんばるのでこれからもよろしくおねがいします」なんて泣かせる
メッセージ付きの物もあり、しみじみこの子たちの事を高校生になっても
見ていたいなあと思う。

寒い日が続くけれど、気持ちはほっこり幸せだ。

posted by てぃらみす at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

レッスン終了

久々に先生宅(芸術祭優秀賞受賞おめでとうございます)へレッスンに。

まだまだだけど、何とか少しずつ弾きたい方向に向いてきた気がする[E:up]
あともう少し・・・。
今日感じたのは楽譜の読み込みの浅さ・・・。

「なんでそこフォルテ?書いてないだろ?」と問われ
「かなり長い小節にわたってクレッシェンドが書かれてるから
ここはフォルテかなあと思って」
と答えると、「逆、クレッシェンドが書かれているのにフォルテが無い
という事は、音量はいらない、歌ってという事だ」

はああ~そうかあ・・・・[E:sad]

さらに、「ショパンの演奏について弟子たちが言ってた事知ってる?
乱暴な音は聴いたことがない、だ。ここは、強くじゃない、歌って。」

他にも、提示部にはあって再現部には無いもの、やその逆等々・・・。
先生がよく言われる事、「すべて楽譜に書いてある。」
今日感じたのは、それに足して、書いていないことも含めて
書いてある(わかり難い文[E:sweat02])。

なぜ書いてあるのか、なぜ書いてないのか、どうしてほしいのか、それをショパンという人の
特徴をヒントにしながら読み解く・・・。

はああ~いつも言われるように、あほじゃできないや(落ち込み[E:sweat02])

でも、結構楽しかったりする。
先生曰く、こうやって考えながら演奏を構築していくことによって
演奏の安定にも繋がる・・・。確かに。

エチュードでも、なぜ乱れるのかをピンポイントで指摘いただき、
ずいぶん弾きやすくなったし、かなり安定感も出てきた。

よおし、やるぞ~と思ったものの、もろもろを考慮して「次回は四月頭でお願いします」
「そんな先?」・・・・[E:bearing]

すみません、今回の課題は必ずクリアしてきますから、見捨てないでください[E:sweat01]

posted by てぃらみす at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする