2012年01月27日

また講座



今日も講座へ。

新大阪で、「成功するピアノ教室」の著者である藤拓弘先生の講座。

想像していたよりずっとずっとお若い先生でびっくり。

昨年実地されたピアノの先生へのアンケートの結果を
踏まえて、今後どのような教室運営をしていけばよいのかといったことを
細かくお話していただいた。

それはやってるなと思う事、ああ、そういうやり方もあるのかと思う事
色々あったが、今までただ漫然と考えていたことをきちんと
筋道を立てて説明していただいた感じで、改めて
自分の教室についてきちんと考えてみようと思った。

親睦会では、なかなか初対面の先生方に話しかけられず、
名刺交換もほとんどできなかったが、
何人かの先生とお話しできて良かった。
また近々に、メールしなければ。

厚かましくサンドイッチをたくさんいただいてしまい、
お腹いっぱいで帰宅。

講座後の懇親会って初めてだったけど、結構いいかも・・・。
次回また機会があれば、もっとたくさんの先生方と話したいな。

posted by てぃらみす at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

講座

カワイ楽器で行っている、中田元子先生のミヨシメトードの講座へ。
昨年の五月から始めて8回目くらいかな。

ひたすら良い音を求めてタッチの練習。
呼吸法に始まり、指先、手首の使い方を指導いただいている。

一音一音ここまで考えて鳴らしたことがない(恥[E:sweat01])ので、
毎回毎回新鮮で楽しい。やっと、コツが少しつかめてきたところ。

バスティンや、ぴあのどりーむ、昔ながらのオルガンピアノなどは
よく使うけれど、このミヨシメトードはなかなか生徒さんに使う勇気がでないなあ[E:think]

始めから音の響きを追及するために、電子ピアノの子には難しいし・・・。
何より、まだ私自身が人に教えられるレベルにないので、もう少し自分自身で
納得がいってから、この子は、と思う子から使ってみたいと思っている。
この教材をしっかりやったら、かなり上手になると思うのだけど。

終わってからも、中田先生はご自分が生徒に行って効果のあった
やり方や、現在の指導法等、惜しみなく教えて下さり、
本当に懐の深い先生だなあと毎回感動する。
ピティナでは重鎮の先生なのに、コンペコンペおっしゃらないところも
素敵[E:up]

先生が目指していらっしゃる、弦楽器とのアンサンブルや

小さい子のレッスンでのリズム唱を含めるソルフェージュの重要性

は私も常々考えていて、アンサンブルは発表会でも実践しているので

共感できる。

アンサンブルも、上手な弦の先生方とやってこそ、色々学べるというのも

本当にそうだと思う。

ソルフェージュは、リトミックやグループレッスンでも

実践しているが、もっと強化せねば。

感動したのは、先生がおっしゃった「呑み込みの早い子、っていうのは

こちらもおっと期待するけど、すぐ忘れることが多い。

呑み込みの遅い、なかなかできない子っていうのは、ものにするのに

時間がかかるが、一度できると忘れないことも多い。

こちらがあきらめないで、希望をもって、教えることが大事」

という言葉。

本当にそうだと思う。教える側が、欠点にしてしまわずに

長所に変えてあげるようにレッスンしなければ。

 

先生は講座の外でも色々と楽しいイベントなど企画してくださるので
何とかついて行こうと思っている。次回は四月に何かあるそうで、わくわく。

講座後はレッスンをお休みにしていたので、一人で映画へ[E:smile]
トムクルーズのミッション、実は二回目だが、一回目は
下の子も一緒に家族で観た為に、吹き替えでトムの声が
聞けなかったので、今回は字幕版[E:note]

いやあ、面白いわ[E:happy02]今までのミッションで一番好き[E:heart04]
それにしてもトムのかっこいいこと[E:lovely]
なんでもオリンピック選手並みのトレーナーがついていて
かなり体を鍛えているとのこと。
あのアクションも納得[E:lovely]

講座や映画でかなりの充電ができた[E:good]
また明日から張り切ってレッスンしよう[E:happy02]

posted by てぃらみす at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

今、受験真っ最中の高校三年生の生徒達がいる。

三人いるが、一人はすでに音楽系の大学に決まっていて、

あと二人は本当に受験真っ最中。

この時期、レッスンに通ってピアノを弾いてくれていることは

もう奇跡に近い。

かなり長いお付き合いなので、もう私にとっては

わが子同然。実際娘とは一つしか違わないし。

昨年末は、レッスンでピアノを弾く姿に、いろんな思いが沸いてきて

うるうるしたし、センターの日は(いやその前から)私まで緊張してた。

ちゃんと起きて、行ったかなあ・・・とか、今試験中かなあとか。

結局何もできず、応援メールを送るだけの自分が悲しかったけど。

この子達に体験レッスンした日のこともまだ鮮明に覚えてる。

もう、あの日から10年以上たつんだね。幼稚園や小学校低学年だった

君達が、大学を受験するんだね・・・。

年をとったのか、涙もろい。

先日花屋でパンジーを買った時、横にチューリップを見て、

何とも言えない気持ちになった。この受験が終わればもうすぐ春。

もうさよならも近いね。

いやいや、新しい出会いもあるさ、と気持ちを切り替えた。

昨日見た夢・・・

高3の生徒達とおなべを食べている夢だった。

何を話してたのかまでは覚えてないけど、なべを囲んで

わいわいしゃべってる夢。

よほど、心配なんだろうか・・・。

とにかく吉報を待つ。

posted by てぃらみす at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする