2010年04月21日

また講座

今日も講座へ。

リトミックからピアノの導入という内容だったので、興味がわき

行ってみた。

新たに気づかされたことも勿論、たくさんあったものの、

リトミックからの導入方で言えば、ほとんど全部知ってる・・・やってる。

リズム唱をすることや音楽に合わせて歩くことがどれほど大事か、

カードで音価や読譜の練習をするのがいかに大切か・・・

これも、知ってる、やってる。

カードにいたっては、こちらは積み木まで駆使してレッスンしてる。

まあ、自分のやっていることの裏づけが出来たと思えばいいか。

一番残念だったのは、四拍子や三拍子の曲を補助の先生が弾く時、

いちいち楽譜を見て弾いていたこと。

リトミックの授業は基本先生は即興じゃないのかなあ?

等など、少し内容に不満はあったものの、やはりさすが大御所の先生だけあって、

聞いていて感動したことも多々あったし、改めて、自分の中でリトミックを

どのような位置づけにするのか考える良いきっかけになった。

やはり、自分としてはピアノの先生、音楽の先生というのが核だし、

集中力や能力を高めるというねらいもあるが、あくまでも

音楽教室の中でのリトミックという形にしたいと思う。

ピアノの先生が教えるリトミック、あくまで基本は音楽。

先生がおっしゃっていたことで、一番なるほどと思ったのは

「やりにくい生徒ほど、こちらは色々考えて手を変え品を変えレッスンするから

結局は自分の指導力を上げてくれる。ほっといても弾いてくる生徒は、教材選びの

苦労はあるが、指導法としてはそんなに向上しない。」という言葉。

なるほどお~。

やりにくいなあとレッスンで思う瞬間があったら、自分が成長できるのだ

と思って感謝せねば。

それにしてもやっぱり講座は良い。

色々な発見があって、自分のレッスンのどこが良くてどこが足らないのか

よくわかる。

今回、自分のリトミック~ピアノへの導入方が、まあほぼ正しいかなと

認識できたのでこのままの路線で、さらに磨いていきたいなと思う。

HPはこちら[E:soccer]

posted by てぃらみす at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

映画 講座 作曲レッスン

三日連続で午前中映画、講座、作曲レッスンへ。

(練習しなきゃなのに・・・・[E:sweat01])

シャーロックホームズは、予想以上の面白さ[E:happy01]

小学生と中学生の頃、シャーロックホームズシリーズにはまって

いたこともあって、おお、そこでそれが出る??といった

わくわくした瞬間がいっぱい。

自分が思い描いていたホームズとワトソンとはちょっと違ったが。

まず、ホームズが武道家(?)並みに強い事、あとはワトソンが

ホームズの子分的な扱いではなく、五分どころか、ホームズの

世話役的に扱われていた事。

でも、映画としては十分楽しめて満足[E:happy02]

あのラストだと、続きがあるのかな??是非観たい。

次の日は講座。

ピティナの課題曲で、楽譜を揃えるのが面倒なので行くかどうしようか

迷ったが、いつもの通り色々な収穫があったので行ってよかった。

中でも、バスとメロディーのバランスの大切さを改めて認識した。

生徒にも、メロディーが大事だよ、とよく教えていたが、さっきのホームズと

ワトソンじゃないけど、どっちも大事だという事。

私の感覚では、四分六か七三くらいに考えていたが、先生は五分と言われた。

五分かあ~。確かにバスを響かすと美しい。

特にドイツではバスをうるさく言われるそうだ。それで、ベーゼンは低音部が

かなり響くように出来ており、反対にヤマハは高音部が良く響くというのにも納得。

あとは、先生がおっしゃった、曲の波長に自分の波長を合わせるという事。

クレイジーな曲はよりクレイジーに。

そのためには、いつも言われているが、日々色々な曲を聴く事。

ふむふむ、努力します。

作曲レッスン。

なんとか宿題はましに出来た。

でも時々連続五度を見逃しているのに反省。

先生に教えていただいたが、大人の生徒さんで数学に詳しい方がおられて、

数学的な計算で、連続五度が起きると、数字上でも波長が変わったりと

悪い変化(?)が起きると言われたそう。

頭の弱い私にはちんぷんかんぷんだったが、きちんと数字でもよくない響きは

出るようだ。

全ての物には法則があり、意味があるのだなあと改めて思う。

そういえば、数学の先生であるおじが、数学が面白くなるのは

高校からだ、そこからが本当に数学は面白いのに、みんな嫌いになる・・と

随分前に言っていたことがあるが、数字を突き詰めると、色々なことが

証明されるというか、はっきり示すことができるようで、

そういったところにきっとはまる人ははまるのだろうなと思う。

どっちにしても、ヘルツとか聞いた時点で私の頭は拒否反応を示すので

駄目だな。

大学での音響学の授業も苦痛で仕方なかったもの。

午後は、結構レッスンが大変になっているので朝はゆっくりと思いつつ

こんなふうにぶらぶら出かけているので、ちょっと来週は腰をすえて練習しようと思う。

HPはこちら[E:cat]

posted by てぃらみす at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

本番終了♪

先輩先生の発表会での本番が終わった[E:wink]

またまた課題は残った・・・・[E:weep]

でも、生徒さんたちが頑張って演奏している姿を見ているうちに、

いつもほどパニクらずに、音楽をしようと思って舞台に立てたのは

良かったかも。

急の曲のコントロール、これができたらなあああ~[E:bearing]

ずいぶんと違うんだけど。

まあ、めげずに弾き続けるしかない。

娘の卒塾式や、入学式で、先生方が子供達に送ってくださった言葉が

自分にも当てはまるかも。

塾の先生は、「自分の限界は自分が思うよりもっと先にある」

高校の先生は、「いつか、きっと、という気持ちをいつも持って

努力しなさい」と。

憧れの高校に入れて、結構頑張っている娘に負けないように

私もやらなきゃ。

発表会では、お仕事も持ちながら、大曲を弾きこなす大人の生徒さんたち、

小さいながらも、精一杯演奏している子達、

みんな、尊敬します。

改めて、発表会って本当にいいね。

子供達の学校もやっと始まり、生活も落ち着きつつある。

やっと落ち着いて音楽に取り組めるようになってきた。

新しいリトミックのクラスも、結構どのクラスも楽しく滑り出し、

新しく入会された子達のピアノレッスンもペースがつかめてきたかな。

そんなこんなで、明日は自分のご褒美(何の?)に、久々に映画を見た後、

阪急で服でも買おうかと思う。

25日にあるレッスンを思うと、少しでも練習しなくちゃだけど

まあ、いいか。

ずっと観たかったシャーロックホームズ、楽しみ[E:heart04]

あとは、ジョニー[E:heart02]のアリス、のだめも絶対観たい[E:happy02]

(練習するんちゃうんかい[E:bearing])

HPはこちら[E:sun]

posted by てぃらみす at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする