2009年12月31日

大晦日

今年最後だし、今日ぐらい書こうかな。

家族で、TVを観ながらのいつも通りの年越し。

紅白を観たい娘とNHKのクラシックを観たい親とのせめぎあい。

さっきのズビンメータ&ウイーンフィルのベト7は最高にすばらしく、

深い音がずしんと響いて、夫と感激した。

その後のランランの演奏にも結構家族で笑えた(?)し・・・。

紅白終了後は、「年の初めはさだまさし」を観て寝るというのが毎年の恒例。

いつもと変わらない年越しが家族で迎えられるのは幸せなんだろうね。

また来年も良い年になりますように・・・。

HPはこちら[E:fuji]

posted by てぃらみす at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

コンサート&クリスマス会&レッスン

色々思う事はあるのに、時間と気力がなく細かく書けないので

まとめて書いてみようかな。

今年最後のレッスンが終わった。

やっとやっと、ちょっとづつ思った演奏が出来るようになって来て嬉しい[E:heart]

先生にも、ちょこっと褒めていただいたので、帰りはうきうき[E:note]

先週のコンサートの話から始まった、レッスン。

先生のコンサートへの思いも聴けて楽しかったし、曲の解釈についての

質問にも答えていただけた。

やっぱり、「愛」なんだなあ~。

何かを誇示したいとか、賞をとりたいとか、そういった邪まな考えは

一切無しで、ただひたすら曲を愛し、一つ一つの音を愛する・・・。

それが、あの神がかりなシューベルトなんだと思う。

まだまだ私にはその愛が足りないなあ。

先日、教室のクリスマス会で生徒達が連弾をした。

なかなか練習が進まない子達に、「一人じゃないよ、一緒に弾く子に

迷惑がかかるよ」と結構きつく注意したが、一人残らず、直前には

きっちり練習して来たので、感動した。

そういえば、発表会の時も同じようにはらはらさせられたけど、

結局はみんな頑張ってくれたなと思い出して、あんなに注意することも

無かったんじゃないか(注意したから練習してきたかもだけどね)

ここでも、生徒への愛情が足らなかったんじゃないか、曲への

愛情も、生徒への愛情も、その他もろもろも同じかなと考えてしまった。

先生のレッスンを受けると、一流といわれる方たちはそれはそれは緻密な計算を

されているのには驚かされるけれど、でもやっぱり根底にあるのは愛だと思うなあ。

先生がコンサートの後、かなりのメールが届いたとおっしゃっていた。

中でも、「コンサート後帰宅してから、子供が物も言わずもくもくとピアノを

弾いていました」というのが嬉しかったそうだ。

「わ、わたしも帰ってから、思わず(?)練習しました」

と言ったら先生笑ってコーヒーをむせてらしたけど[E:sweat01]

私も、そんな風に自分の演奏や行動で、生徒達に何かを伝えられるように

しなければ。

まずは、練習しなきゃね。

さて、今年のレッスンも明日を残すのみ。

休みが嬉しい気分と、何となく寂しい気分と半々。

明日は自分へのご褒美に、ジョニーの映画のチケットをゲット。

楽しみだ。その後は今年最後のレッスン頑張ります。

HPはこちら[E:club]

posted by てぃらみす at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

またまた久々に・・・

毎日毎日が相変わらずばたばたで、なかなか更新できず・・・[E:sad]

ま、楽しみにしている人が沢山いるわけでもないので、ゆっくりのペースでいいか。

先週の三連休の最終日には、何年かぶりに京都を訪れた。

ちょうど紅葉の時期で、人で溢れ返っていた。

コンサートを楽しみに訪れたものの、あまりの渋滞でバスは進まず

結局遅れてしまったけど、大好きなメンデルスゾーンのトリオが聴けたので良かった[E:note]

今回は二番。一番の方が有名だけど、私は断然二番が好きだなあ~。

銀閣寺の近くの素敵な場所でのコンサートで、ゆっくり庭園も見たかったけど

またバスに時間がかかるかもとばたばたと帰った。

案の定、京都駅まで一時間半[E:sweat01]

これでも運転手さん曰く、前日よりもかなりましだそうで、この時期の

京都は、交通渋滞覚悟で来ないと駄目だと実感。

でも、やっぱり京都の紅葉は何とも言えず、素敵[E:maple]

今回は一人で来たけど、来年は家族できたいなあ。

ラッキーだったのは、バスや電車の中で結構時間があったので

持ってきた本2冊読破出来たこと。

一冊は池田晶子さんの哲学の本、一冊はモンテッソーリ教育についての本。

どちらも今はまっていて、特にモンテッソーリは、リトミックにどう活かそうか考え中。

色々道具も手作りして、来年度からのリトミックレッスンは、今までやってなかった

事も色々取り入れてみる予定。

ほんとは、モンテッソーリの講座やなんかを受けたいけど、東京だったり

かなりの費用がかかるので、とりあえず今は本を読んでいるところ。

池田晶子さんにおいては、また次回ゆっくりと。

HPはこちら[E:bar]

posted by てぃらみす at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする